①.ファイナンシャルプランナー(FP)の試験は独学で合格できるのか?

②.独学で2級FP技能士を取る方法

③.2級FP技能士とAFP、両方を取る方法

④.AFP認定研修は通信講座で!仕事を続けながら短期合格可能

⑤.“提案書の課題”って何?

⑥.2級FP技能士とAFPをダブルで取得するメリット

コラム
⑦.独学でもそうでなくても、過去問題集はやる!

コラム
⑧.独学したいのはお金の問題?教育訓練給付制度を知っている?

⑨.フォーサイトのテキストは一生もの!!

コラム
⑩.ファイナンシャルプランナー(FP)としての将来

⑪ CFPって必要?

⑫ 目指せダブルライセンス!FP&社会保険労務士

⑬ 目指せダブルライセンス!FP&行政書士


⑦ コラム 独学でもそうでなくても、過去問題集はやる!

ファイナンシャルプランナー(FP)の試験は、過去問題を中心とした学習方法がよいとされています。フォーサイトは、「過去問主義」と宣言しているくらいです。

◆過去問が重要なわけ
過去問が重要なわけは、ずばり過去問から繰り返し出題されるからです。その根拠を、フォーサイトは次のように述べています。
①出題範囲が決まっている試験において、試験問題として出題できる箇所はそれほど多くありません。それゆえ、毎年同じような問題を出題せざるをえません。
②毎年、受検生のレベルを正確に判定するには、同じような問題を出題し、判定するしかありません。

◆過去問に重点をおいたから短期合格ができた
わたくしはフォーサイトを受講しましたので、「過去問主義」の考えに則って勉強しました。ファイナンシャルプランナー(FP)の試験科目を丁寧に覚えていくと、結構な分量があります。ですが、試験に出る部分は限られています。それならば、試験に出るところだけを学べばよいと思いませんか?

ただし、過去問だけやればよいということではありませんので誤解しないでください。過去問を解くのと、間違った部分に該当する部分のテキストを復習すること、これを繰り返し行うのですが、基礎がないと時間がかかりすぎてしまいます。急いだつもりが、逆に効率の悪い勉強法になります。基礎を駆け足で学んで土台を作ってから過去問に進むことをおすすめします。

過去問に充てる時間は、基礎と提案書の作成を終えた後の全ての時間です。基礎と提案書の作成を早く終えるほど、たくさんの時間を過去問にまわすことができます。ですから、計画的にすばやく終えられるようにしてください。時間がなくなって過去問に手が回らないようでは、試験の準備がまったくできていないのと同じです。

◆過去問講座を受講するべし
フォーサイトの受講を検討される方がいらっしゃると思います。その場合、必ず過去問講座を受講してください。セットのコースには含まれていますが、基礎講座だけを選択すると過去問がついていないので注意が必要です。ここで経費の節約をするべきではありません。

◆独学派の方も同じ!過去問練習をがんばって!
このサイトでは、一貫して2級FP技能士とAFPのダブルライセンスをおすすめしていますが、それでもなお、独学で2級FP技能士のみの受検を考えている方もいらっしゃるかもしれません。独学はおすすめしていませんが、もし独学で挑戦すると決意されたなら、必ず過去問をしっかりやってください。勝算が上がるはずです!

独学したいのはお金の問題?教育訓練給付制度を知っている?