①.ファイナンシャルプランナー(FP)の試験は独学で合格できるのか?

②.独学で2級FP技能士を取る方法

③.2級FP技能士とAFP、両方を取る方法

④.AFP認定研修は通信講座で!仕事を続けながら短期合格可能

⑤.“提案書の課題”って何?

⑥.2級FP技能士とAFPをダブルで取得するメリット

コラム
⑦.独学でもそうでなくても、過去問題集はやる!

コラム
⑧.独学したいのはお金の問題?教育訓練給付制度を知っている?

⑨.フォーサイトのテキストは一生もの!!

コラム
⑩.ファイナンシャルプランナー(FP)としての将来

⑪ CFPって必要?

⑫ 目指せダブルライセンス!FP&社会保険労務士

⑬ 目指せダブルライセンス!FP&行政書士


⑤ “提案書の課題”って何?

提案書の課題は、AFP認定研修修了条件2つのうちの1つです。もうひとつは、出席要件で、通学の場合は出席、通信の場合は所定の問題の回答となっています。

◆提案書の課題ってどんなもの?
提案書の課題とは、顧客の求める目標に対し、ファイナンシャルプランナー(FP)として実現のシミュレーションを行うものです。100点満点中60点以上で合格です。

提案書とは、顧客に対する報告書のような冊子です。内容は、現状の分析結果とそれに合った対策案で構成していきます。ファイナンシャルプランナー(FP)の主な仕事は相談業務で、その際にアンサーとして提案書を作成して渡すのです。ですから提案書の課題は、実務を体験するようなものだと言えます。

◆提案書対策の勉強法は?
提案書という言葉が難しいのか、なんとなく尻込みしてしまうのではないかと思います。私もそうでした。「何か提案を考えなくはならないのか・・・」と。ですが心配は要りません。手順に沿って作成すれば完成します。当然のことですが、勉強した科目からしか出題されませんし、その内容は本試験でも範囲になっています。つまり、特別に提案書対策が必要なわけではないのです。

フォーサイトでは、講座のはじめのほう(FP総論のあと)で、提案書作成ガイドブックの講義(CDかDVD)があります。提案書作成に必要な科目の勉強に入る前に聞いておくことで、提案書の全体像をつかむことができます。

科目の勉強は、提案書作成に必要な科目から順に進めていきます。カリキュラムがありますので、悩む必要はありません。勉強を進めながら提案書の作成も同時進行させていきます。受検勉強の前半で提案書作成は終了させることができます。

2級FP技能士とAFPをダブルで取得するメリット