①.ファイナンシャルプランナー(FP)の試験は独学で合格できるのか?

②.独学で2級FP技能士を取る方法

③.2級FP技能士とAFP、両方を取る方法

④.AFP認定研修は通信講座で!仕事を続けながら短期合格可能

⑤.“提案書の課題”って何?

⑥.2級FP技能士とAFPをダブルで取得するメリット

コラム
⑦.独学でもそうでなくても、過去問題集はやる!

コラム
⑧.独学したいのはお金の問題?教育訓練給付制度を知っている?

⑨.フォーサイトのテキストは一生もの!!

コラム
⑩.ファイナンシャルプランナー(FP)としての将来

⑪ CFPって必要?

⑫ 目指せダブルライセンス!FP&社会保険労務士

⑬ 目指せダブルライセンス!FP&行政書士


③ 2級FP技能士とAFP、両方を取る方法

前のページでは独学でのファイナンシャルプランナー(FP)資格取得について書きました。このページでは、いよいよわたくしがおすすめする、2級FP技能士とAFPのダブルライセンスのお話をさせていただきます。

◆絶対に必要!“AFP認定研修”
繰り返しの説明になりますが、2級FP技能士の資格は独学でも取れますが、AFPの資格は“AFP認定研修”を受講しなければなりません。つまり、独学ではAFPの資格は取れませんし、ダブルライセンスもありません。

◆ダブルライセンスへの流れ
→AFP認定研修を修了し、提案書の課題を提出する
→学科試験と実技試験を受ける
→両方合格すれば、2級FP技能士とAFPの両方のライセンスが得られる

◆“AFP認定研修”とは?
“AFP認定研修”とは、日本FP協会が定めるFPプログラムに則って日本FP協会が認定した教育機関が実施する研修のことです。簡単に言いますと、認定機関の講座を受講すればよいということです(出席要件か通信の場合所定の問題回答を満たす)。そして修了後、提案書の課題を提出します。ここまでやってAFP認定研修修了書をもらえれば、受検資格獲得です。

◆通学か通信か
AFP認定研修は、通学講座と通信講座があります。ファイナンシャルプランナー(FP)の資格に限らず、どの資格でもどうするか迷うところだと思います。わたくしの経験から言えば、通信がおすすめです。時間の融通が利くうえ、受講料も手ごろだからです。

いずれを選択する場合も、その学校ならではカリキュラムがあるはずです。ですから、それに合わせて勉強すればよいだけです。独学に比べ、学習の流れが決められているため気が楽です。わたくしはフォーサイトの通信講座でファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取りました。

◆ファイナンシャルプランナー(FP)2級試験の難易度と受講
・AFP認定研修を受講すれば、2級FP技能士とAFPのダブルライセンスが得られる
・AFP認定研修を受講しなければ、AFPの資格は得られない。

しつこいようですが、以上の2点は覚えておいてください。加えて、受検資格の問題だけではなく、試験の難易度から言っても教育機関の利用をおすすめします。特に、早く確実に合格したいと考えている方は、受講したほうが安全です。

AFP認定研修は通信講座で!仕事を続けながら短期合格可能