①.ファイナンシャルプランナー(FP)の試験は独学で合格できるのか?

②.独学で2級FP技能士を取る方法

③.2級FP技能士とAFP、両方を取る方法

④.AFP認定研修は通信講座で!仕事を続けながら短期合格可能

⑤.“提案書の課題”って何?

⑥.2級FP技能士とAFPをダブルで取得するメリット

コラム
⑦.独学でもそうでなくても、過去問題集はやる!

コラム
⑧.独学したいのはお金の問題?教育訓練給付制度を知っている?

⑨.フォーサイトのテキストは一生もの!!

コラム
⑩.ファイナンシャルプランナー(FP)としての将来

⑪ CFPって必要?

⑫ 目指せダブルライセンス!FP&社会保険労務士

⑬ 目指せダブルライセンス!FP&行政書士


相続や事業継承の分野で需要あり

さて、引き続き、FP試験合格後のダブルライセンスに相応しい資格のご紹介ですが、意外なところでは「行政書士」資格もFPとの相性の良さで知られています。

FPと行政書士、なかなかピンとこない方も多いかもしれませんが、行政書士専門分野のうち「遺言書作成」や「相続」のカテゴリで、FP専門であるライフプランニング業務と深く関わっています。
確かに、行政書士として書類作成や代行を依頼される場面では、お金に関わる知識は高い方が顧客からの信頼を得やすいと言えますよね。最近では「士業」といえども競争の激しい時代。
行政書士一本でやるのではなかなか差をつけにくいですが、FP試験で培ったお金やライフプランニングに関わるノウハウが良い意味で差別化につながり、結果として士業としての間口を広げるきっかけにもなるかもしれません。
FP試験合格後のスキルアップのための選択肢としては、おすすめであると言えるでしょう。

 一般的に、士業の中では比較的易しいといわれる行政書士試験ですが、そうは言っても合格率10%前後、年度によっては2%台だったこともある難関です。
法律分野の入門的な位置付けで独学で挑戦される方も多いようですが、これではなかなか合格は厳しいと言えます。
対策としては社会保険労務士試験同様、専門の対策講座を活用し、出題傾向を掴んだ上で頻出事項のポイント学習を進められるのが得策です。

ちなみに、フォーサイトの行政書士試験対策は、全国平均2.04倍(2014年度実績)の実績を誇る人気講座として、クチコミ人気No.1を誇ります。本気で合格したい方であれば、実績重視の講座選びが一番ですね!