①.ファイナンシャルプランナー(FP)の試験は独学で合格できるのか?

②.独学で2級FP技能士を取る方法

③.2級FP技能士とAFP、両方を取る方法

④.AFP認定研修は通信講座で!仕事を続けながら短期合格可能

⑤.“提案書の課題”って何?

⑥.2級FP技能士とAFPをダブルで取得するメリット

コラム
⑦.独学でもそうでなくても、過去問題集はやる!

コラム
⑧.独学したいのはお金の問題?教育訓練給付制度を知っている?

⑨.フォーサイトのテキストは一生もの!!

コラム
⑩.ファイナンシャルプランナー(FP)としての将来

⑪ CFPって必要?

⑫ 目指せダブルライセンス!FP&社会保険労務士

⑬ 目指せダブルライセンス!FP&行政書士


年金相談の場面において、お金の話はつきものです

FP試験に合格したことをきっかけに、他資格とのダブルライセンスによってスキルアップを目指すという方も、決して少なくはないでしょう。
前ページでお話しした通り、FP関連業務は多くの場合、2級やAFPレベルの知識があれば、あとは実務経験を積むことでビジネス上は十分立ち回れるようになるはずです。
とはいえ、FP資格はあくまで武器のひとつとして、他にも専門性を伸ばしていきたい場合には、他資格の取得が好ましいとも言えます。

 FP試験合格後、次なる目標に設定される国家資格として代表的なのは「社会保険労務士」です。
社会保険労務士とは、一言で言えば「労働関係や社会保険関係の専門家」。
この資格がなぜFPと相性が良いのかというと、ライフプランニングを語る上で欠かすことの出来ない「年金分野」における専門知識が、社会保険労務士試験の受験を通して得られるからです。
社会保険労務士であれば、実際の裁定請求にも携わることが出来ます。つまり、FP業務の延長上で、社労士資格を活かすことが可能である、といわけなんです。

また、労働保険や社会保険関連の給付金請求の代行も執り行えることになるため、年金に関係のある高齢者だけでなく、若年層の顧客をもターゲットにしていきやすいと言えましょう。
例えば「障害年金の請求」については、一般の方が申請したのでは、思うような障害等級が認められないことが多々あります。
しかしながら、社会保険労務士が高い専門知識を活かして代行することにより、ようやく適正な支給を受けられるようになるというケースは珍しいものではありません。

 社会保険労務士試験は合格率一桁台の難関士業資格のひとつですが、出題傾向のポイントさえ掴めれば、初学者でも比較的合格しやすい試験であると言われています。
頻出箇所を中心に、専門の対策講座で基礎からしっかり学ぶことで、合格の可能性がぐんと高くなります。
本サイトでご紹介している通信教育フォーサイトでも、社会保険労務士試験対策講座を開講しており、毎年全国平均を大幅に上回る実績をたたき出しています。ぜひチェックされてみて下さい。

コラム ファイナンシャルプランナー(FP)としての将来