①.ファイナンシャルプランナー(FP)の試験は独学で合格できるのか?

②.独学で2級FP技能士を取る方法

③.2級FP技能士とAFP、両方を取る方法

④.AFP認定研修は通信講座で!仕事を続けながら短期合格可能

⑤.“提案書の課題”って何?

⑥.2級FP技能士とAFPをダブルで取得するメリット

コラム
⑦.独学でもそうでなくても、過去問題集はやる!

コラム
⑧.独学したいのはお金の問題?教育訓練給付制度を知っている?

⑨.フォーサイトのテキストは一生もの!!

コラム
⑩.ファイナンシャルプランナー(FP)としての将来

⑪ CFPって必要?

⑫ 目指せダブルライセンス!FP&社会保険労務士

⑬ 目指せダブルライセンス!FP&行政書士


① ファイナンシャルプランナー(FP)の試験は独学で合格できるのか?

はじめまして。わたくしは、ファイナンシャルプランナー(FP)の通称マニーです。
このサイトでは、ファイナンシャルプランナー(FP)を目指している方に向けて、勉強法(主に独学と通信)についてご説明しております。
わかってしまえば簡単なのですが、試験のシステムに混乱する人が大勢いるそうです。ですから、ファイナンシャルプランナー(FP)資格を取得するまでのノウハウをわかりやすくシンプルにお伝えできたらと思います。

◆ファイナンシャルプランナー(FP)には2種類ある
どの説明を始めるにも、最初にご理解いただきたいのは、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格には2種類あるということです。ひとつは、国家資格であるファイナンシャルプランナー(FP)技能士(FP技能士)、もうひとつは、民間資格であるAFP・CFPです。
一般には、これら全てファイナンシャルプランナー(FP)と呼んでおります。ですが、FP技能士には3級、2級、1級があり、レベルがまったく違います。ひとくちにファイナンシャルプランナー(FP)と言いましても、仕事に役立つのは2級以上とお考えください。

◆狙いは2級FP技能士とAFP
仕事に役立つというのは、独立・開業できる、就職や転職が有利であるということです。それには、2級FP技能士の資格、AFPの資格が必要です。
3級は入門レベルですから、弱い力しかありません。1級とCFPは長い実務経験が必要とされるレベルですから、ここでは詳細を省きます。

◆独学でファイナンシャルプランナー(FP)になれるのか?
独学でファイナンシャルプランナー(FP)になれるかどうかは、種類によってちがいます。システム上どのようになっているのか下記でご確認ください。これは、難易度等による可能性の話ではなく、受検資格の問題です。

・FP技能士(3級、2級、1級)→独学可能
・AFP→独学不可能
・CFP→独学不可能 ・・・ AFP合格者でなければ受検できない

◆目標をどこに置くか?
独学でファイナンシャルプランナー(FP)になれるかどうかは、どの種類のファイナンシャルプランナー(FP)資格を取得するのかによって違うことがお分かりいただけたと思います。2級FP技能士が目標なら可、AFPが目標なら不可です。両方狙う場合は、もちろん不可です。
わたくしのおすすめは、2級FP技能士とAFP、両方の取得です。理由は、この2つの資格は一度の試験で両方とることができるからです。もちろん、独学では不可です。

これから、資格取得に際して、独学の場合とそうでない場合、どのように違うのか詳しくご説明していきましょう。

独学で2級FP技能士を取る方法